大崎市古川米倉地区に新築現場進行中

現在、地元米倉地区に、延べ坪70坪の注文住宅を進行中、見どころは玄関ホールに設けた

吹抜け、2間続きの客間と、日本の樹を採用したこだわりの住まい、間取りの構成、外観デザインの

決定まで2年の月日を掛け、お客様の要望を取り入れた仕様、温熱環境と耐久性、居住性を考慮に、

匠の技術が見える技の演出空間、和の空間構成は、木の素材を十分に綺麗に演出するを意識し、

田舎住宅に見るデザインの『むやみに木を使う』のではなく、自然木の持つ、木肌色や年輪の形状など、

性格のさまざまな特性を熟知し、洗練された世界に一つだけの、書院の有る和の佇まいを建設しております。

(主な樹種、檜、欅、栗、ひば等)

檜工務店連絡先